This page:花粉症対策出来ていますか?


花粉症対策として欠かすことのできないマスク

以前は、冬の時期に風邪対策としてマスクをしている人を見かけましたが、最近では花粉症の季節に、マスクをして外出している人を多く見かけるようになりました。
マスクは、今や花粉症対策グッズとして欠かすことのできないアイテムの一つというイメージになりつつあるのではないでしょうか。

マスクは、花粉やほこりなどの異物が、鼻や口から入り込むのを防ぐ役割をしています。
花粉症の季節は、まだまだインフルエンザが流行している時期でもあり、マスクをすることで花粉を防ぎ、さらにはインフルエンザや風邪の予防にもなります。
またマスクを装着している本人が咳やくしゃみをした時、周囲の人に不快感を与えないという役割もしています。

近年、薬局などのマスク売り場では多くの種類のマスクが並び、何がよいのか、どれを選んだらよいのか選択に戸惑う人も多いのではないでしょうか。
花粉症の人が、マスクを選ぶ時に重視するべきことは『花粉が入り込まない構造になっているか』『自分の顔の大きさにあっているか』ということです。
最近では『○%カット』などと表示してある商品も多く販売されていますが、実際のところ、正面から来る花粉はカット率通りに防御できても、鼻の上や頬の隙間から花粉が入ってくるということが実験でわかりました。
そういったことから、最近のマスクは小さめのものから大きめのものまで販売されていますので、自分の顔の大きさにぴったりで、装着したときに鼻の上などに隙間ができないマスクを選ぶことが大切です。

またマスクは、鼻や口が接触する部分が新しいガーゼと取り替えられるものタイプのものが衛生的で良いでしょう。
また、マスクに花粉がついてしまうと、洗濯しても残ってしまうので、使い捨てタイプのものもおすすめです。

素材は、ガーゼより不織布の方が目が細かく、花粉のカット率が高いので、迷われたときには不織布の方を選ぶと良いでしょう。

最近の傾向としては立体構造のものや、衛生的な使い捨てタイプのものが主流となっていますが、さらに多層フィルター構造や繰り返し使える耐久性のあるもの、保湿ができる濡れマスク、直接鼻の中に入れるマスクといったものまで開発されており、マスクは多様化し、進化しているといえます。

エアーマスクで花粉対策「ポレノン」

専門家が自分のために考えた花粉対策グッズ♪
これから 新しい花粉対策 はじめませんか?

ポレノン(pollenon)

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0