This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > 服用する(飲む)タイプの育毛剤について

服用する(飲む)タイプの育毛剤について

先日、薬局やドラッグストアへ行くと、様々な種類の育毛剤が数多く陳列台に並んでおり、少しおどろきました。

それだけ必要としている人が多いと言うことでしょう。そうやって私達が簡単に購入できる様になっているものもあれば、医師の診察を受け、処方箋が無ければ購入できないものなど、色々あります。

使用方法も頭皮や髪に直接使用するものもあれば、服用するタイプのものもあります。いずれにしても自分の髪質や頭皮に合ったものを使用しなければ、逆効果になる事もあります。育毛剤を選ぶ際は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

育毛剤を購入する際には、頭皮に直接使用するタイプのものか、服用するタイプのものかを選択する必要があります。そこでここでは体内から育毛を促進するという、服用するタイプの育毛剤について考えてみましょう。

【服用する育毛剤】

服用する育毛剤には、医薬品に分類されるものと健康食品に分類されるものがあります。服用する訳ですから、当然含まれる成分が気になるところだと思います。まずは医薬品から見ていきましょう。

目的としては『男性ホルモンの働きを抑制する事によって発毛を促進する』です。含まれる成分は『フィナステリド』という成分であり、この成分は無理やりホルモンバランスを調整する為、医師によっては処方を控える方も多いそうです。

次に健康食品として分類される育毛剤ですが、これは企業が雇用している医師達の研究によって発売されているそうです。これらは、国がその効能を認定したものではない為に、健康食品として分類され発売されているのです。

国が認定していないと聞くと少々不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、国が認定をしていないからと言って効果が無い訳ではなく、厳しい基準の中で製造され、様々な研究や実験の結果、実際に結果を残しているものなので、体質に合っていれば、きちんと効果が得られることと思います。

どんなタイプの育毛剤を選ぶかは自分自身で決めるものなので、購入する前にしっかりリサーチし、服用するようにして下さいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0