This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > 頭皮につけるタイプの育毛剤について

頭皮につけるタイプの育毛剤について

一般的に育毛剤と言えば、頭皮に直接つけるタイプのものが多いですが、他にも飲むタイプなどがあります。ここでは一般的である頭皮に直接つけるタイプの育毛剤について、お話していきたいと思います。

頭皮につけるタイプの育毛剤は、医薬品と医薬部外品の二つに分けられており、代表的な医薬品に『リアップ』というものがあります。

この『リアップ』は医薬品と言っても一般医薬品に分類されており、医師の処方箋など無くても薬局などで自由に購入することができますので、ご存じの方も多いことでしょう。

医薬部外品は、医薬品より含まれている成分が穏やかなので、その分作用も穏やかであり、育毛剤として販売されているものの多くは、この医薬部外品になります。

頭皮に直接つける育毛剤に、育毛シャンプーがあります。近年、育毛シャンプーは各社とも競争が激化しており、様々な種類の育毛シャンプーが発売されています。その数の多さにどれを使用しようかと迷ってしまいますよね。

みなさんはどうやって育毛剤を選ばれていますか?値段の高いものは効きそうなので…と値段で決めている方も多いのではないでしょうか?一概には断定できませんが、トニックシャンプーの様なタイプのものは頭皮に強い刺激を与えることもありますので、どちらかというと避けた方が良いかもしれません。

しかし各社とも、厳しい基準に沿って製造されているものであり、品質もよく、決して危険なものではありません。とは言え、自分の頭皮に合っていなければ、育毛シャンプーを使っていても何の効果も得られません。

一番大切なのは『自分の頭皮にあっていること!』です。化粧品と同様に、『頭皮にやさしい』をコンセプトに発売されている育毛シャンプーも多々ありますので、育毛シャンプーを選ぶ際には、焦らずじっくり探してみて下さい。

但しどんなに良い育毛シャンプーでも、必要以上にシャンプーすると逆効果になりますので、注意しましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0