This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > ヘアサイクル(毛周期)は育毛を行う大切な知識

ヘアサイクル(毛周期)は育毛を行う大切な知識

私たちの髪の毛には寿命があります。健康で正常な髪の毛でも、いつかは抜けてしまいます。しかし、抜け落ちた毛穴から、また新しい髪の毛が生えてきます。

このように繰り返し行われる毛の生え変わりを“ヘアサイクル(毛周期)”と言います。育毛をする上でこのヘアサイクルは非常に重要なポイントとなります。

健康な髪のヘアサイクルは、【成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期】を繰り返しています。成長期とは、“毛乳頭”から栄養分を受け取った“毛母細胞”が細胞分裂を繰り返し、髪の毛が成長する期間を言います。

この期間は、男性だと通常2~6年、女性だと4~7年位続くと言われており、ヘアサイクルの約85~90%を占めています。つまり、ヘアサイクルのほとんどがこの成長期であり、残りの割合が退行期と休止期と言うことになります。

退行期とは、“毛球”が小さくなることで髪に栄養が届かなくなり、毛母細胞の分裂が衰えてきている状態を言います。この退行期を迎える髪の毛は、全体の約1%程度であり、期間はおおよそ2~3週間になります。

ヘアサイクルの残り9~14%位が、次にくる休止期になります。この休止期とは、毛母細胞の活動が完全に止まっている状態を言います。期間は約2~3ヶ月で、この期間中に髪の毛は自然に抜け落ちます。健康な髪の毛の持ち主でも、1日に約50~100本抜けると言われています。

この“ヘアサイクル”が乱れて成長期が非常に短くなってしまうと、生えてきてもすぐに抜けてしまって、薄毛やハゲになったりするのです。

育毛を行うと言うことは、このヘアサイクルを正常に戻し、毛母細胞に栄養をしっかり送りこむことが大切なのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0