This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > 脱毛症の種類と症状

脱毛症の種類と症状

一般的に「脱毛症」と言えば、男性型脱毛症が知られていますが、他にも様々な症状があります。

●脂漏性脱毛症
脂漏性脱毛症とは、皮脂が過剰に分泌することによって起こる脱毛症です。主な原因は不規則な食生活や頭皮に合わないシャンプー剤の使用、間違った洗髪方法等により発症します。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まってしまい髪の成長の妨げとなります。

●粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
粃糠性脱毛症とは、乾性のフケが毛穴を塞いでしまうことで炎症が起き、髪の毛が抜けてしまいます。フケには乾性のフケと脂性のフケの二種類があります。

脂性のフケは脂漏性脱毛症の初期症状になりますので、要注意です。乾性のフケは強いシャンプー剤の使用や、過剰な洗髪で、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまった事で起こる症状で、こちらも要注意になります。

●びまん性脱毛症
びまん性脱毛症とは頭皮全体に髪の毛がうすくなります。その主な原因は老化や偏った食生活、血行不良、ストレスと言われています。

老化現象を止めることは出来ませんが、日頃から規則正しい生活習慣、バランスの取れた食生活、有酸素運動を心がけ、体の内面から予防することが大切になります。

●円形脱毛症
円形脱毛症とは、ご存じの方も多いと思いますが、円形の脱毛が発症します。その症状は何の前ぶれなく、突然発症します。この円形脱毛症は男女年齢を問わず、誰にでも発症する可能性があるものです。

また、円形脱毛症と言えども、症状の中には頭部全体や体全身の毛が抜けてしまう事もあります。この症状の原因はストレスだと考えられていましたが、さまざまな研究の結果、近年になり免疫機能の異常が原因であると言う考え方に変わりました。

●薬剤性脱毛症

薬剤性脱毛症とは薬剤の副作用によって引き起こされます。代表的なものとしては、抗がん剤による脱毛です。この脱毛症の症状は一時的なものが多く、治療が終了するとおおよそ1、2ヶ月で髪が再生しだし、半年程経つと元の状態に戻る場合が多いので、他の脱毛症とは少し違い、予防の必要はありません。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0