This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > 育毛や発毛を阻害する要因はなんでしょうか?

育毛や発毛を阻害する要因はなんでしょうか?

育毛や発毛を阻害する要因は何だとおもいますか?代表的なものに、タバコ・酒・紫外線があります。

タバコは、昔から『百害あって一利なし』と言われる様に、人間の体にとって良い事は何もありませんし、お酒も適量なら問題ないでしょうが、過度な摂取はやはり体にとって良いとは言えません。

体によくないものは、育毛や発毛にとっても、やはりよくありません。では具体的に何が悪影響なのでしょうか?

<タバコ>
タバコは、ご存知の方も多いと思いますが、血行が悪くなります。これはタバコに含まれるニコチンに、血管を収縮させる作用があるからです。血行が悪くなると、当然頭皮の血液循環も悪くなります。

すると髪には、栄養がほとんど行き渡らなくなります。又、血液に含まれるヘモグロビンと一酸化炭素が結合し、酸素運搬能力が低下します。このように栄養や酸素の供給が低下すると、当然髪の毛の寿命は短くなりますし、成長の速度も遅くなります。

<お酒>
『お酒は肝臓に悪い』とよく聞きますよね。その言葉通り、お酒を飲みすぎると、肝臓に負担がかかってしまいます。肝臓に普段がかかると、髪の毛の主成分であるタンパク質が作られなくなります。

タンパク質が作られないということは、髪の毛は栄養不足の状態になってしまいます。肝臓はアルコールを分解してくれる機能をもっていますが、その能力は人によって強弱がありますし、決して酷使してはいけません。できれば週に2日は休肝日を設け、肝臓を休めるように心がけたいものです。

<紫外線>
ここ最近、紫外線は肌にとって大敵なものとして、さまざまな情報がありますが、頭皮にとっても決して良いものではありません。それは頭皮にとって必要である皮脂を酸化させてしまうのです。

頭皮の皮脂が酸化すると、過酸化物質となり毛根における細胞を死滅させてしまいます。それはつまり、脱毛を誘発させてしまうことになります。又、髪の主成分であるタンパク質を破壊し、キューティクルを痛めて、水分を奪ってしまいます。

水分が失われてしまうと髪はパサついた状態になります。そのようなことにならないよう、紫外線が強い日は、帽子などで紫外線を直接浴びない様に工夫しましょう。最近では天気予報にその日の紫外線予報もでているものがありますので、それらを活用していきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0