This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > 脱毛症の原因を追求する

脱毛症の原因を追求する

私たち人間にとって、髪の毛は頭を守るとても大切なものです。しかし、ここ最近、脱毛症に悩んでいる方が増えています。

その主な原因は、以下のことが考えられています。
・シャンプーの回数不足や、手荒な洗い方によって頭皮が汚れ、皮膚呼吸が困難になっている。
・シャンプーやリンスの成分が頭皮に合わず、肌荒れなどの炎症を起こしている。
・サプリメントや美容食品を過剰に摂取したことによって悪影響を及ぼしている。
・加齢により新陳代謝が衰え、毛母細胞にまで栄養が行き渡っていない。

●日常の間違ったお手入れについて
近年、様々な情報が簡単に手に入るようになり、育毛や発毛のお手入れに関しても、たくさんの情報を入手することができます。しかし、間違った情報を入手してしまったり、解釈の仕方を間違うと、施すお手入れにも大きく影響してしまいます。

例えば、「頭皮における皮脂は育毛を妨げる原因となる」と言う情報があります。この情報に関して言うと、皮脂というのは、肌や頭皮を乾燥から守るために分泌される成分であり、これを汚れと認識して、洗浄力の強いシャンプー剤を使用し除去することは、大きな間違いを犯しています。

洗浄力の強いシャンプー剤を使用することで頭皮には肌荒れが生じ、これが原因で脱毛症となる場合があります。このようなこともありますので、全ての情報をありのまま受け入れるのではなく、注意をしながら上手に活用するようにしましょう。

●薬害による脱毛症
ここ最近、薬や健康食品などの過剰な摂取による薬害が原因で脱毛症を発症している方が増えています。代表的なものをあげますと、サプリメント・健康食品・プロテイン・皮膚科の薬などです。

これらは、正しく摂取しているかぎり何ら問題はありません。しかし過度に摂取することは頭皮だけでなく体にも良くありませんので注意しましょう。

●加齢に伴い新陳代謝が衰え、毛母細胞が栄養不足となる
歳を重ねるにつれて髪の毛が細くなったり、生え際が後退していくことは、自然なことですので心配することはありません。

しかし、そのようなことが気になりだした時に、育毛剤で頭皮と髪の毛に栄養補給を行うと、進行を遅らせたり改善されることもありますので、上手に活用していくとよいでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0