This page:育毛・発毛を成功させる髪の基礎知識 > 頭皮と男性ホルモンの関係

頭皮と男性ホルモンの関係

育毛に必要なもの…それは“酸素と栄養”です。頭皮というのは皮膚呼吸で、酸素を吸収しています。 しかし頭皮が皮脂など汚れで覆われてしまうと、皮膚呼吸が妨げられてしまい、毛母細胞への酸素供給ができなくなってしまいます。

酸素が足りなくなってしまった毛母細胞は、だんだん弱ってきます。そうすると髪の毛にも栄養が行き渡らなくなり、次第に寿命が縮まっていきます。

脱毛症に悩まれている方も多いかと思いますが、その主な原因はこの“頭皮の汚れ”なのです。脱毛症に悩まなくても済むよう、またこれ以上進行させないためにも、頭皮を常に清潔に保つよう心がけてください。

一般的に『男性ホルモンが多い人はハゲになる』とよく言われます。この理論は、睾丸から分泌された男性ホルモンが血液の中へ吸収され、血流へのって毛球部へ行くと、何らかの原因で髪に悪影響を及ぼしダメにするとされています。

この理論が正しければ、男性ホルモンが最も多く分泌される思春期から壮年期にかけて、すべての男性がハゲになっているはずではないでしょうか?

しかし、そういう事実はなく、豊富に生えている男性の方が多いと思います。よって、ハゲになる原因に男性ホルモンだけが影響しているということは無いと言えるのではないでしょうか。

たしかに、男性に多い症状として、男性ホルモンが豊富な人は皮脂の分泌量も多く、体温も上昇するため、皮脂の酸化が早いと言われていますので、汚れが付着しやすく、脱毛症の原因となる場合があります。

しかし、これは直接の原因ではなく、頭皮と髪の毛を清潔に保つことができれば、回避できることです。頭皮の状態が正常で、かつ健康であれば、髪は生え、丈夫に育ちますので、育毛の手当てにはまず、頭皮をケアしていきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0