This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきをかくメカニズム

いびきをかくメカニズム

『いびき』というのは、ご存じの通り、睡眠時に発している爆音の事を言います。いびきをかくメカニズムや、いびきの音が出るメカニズムというのは、皆同じですが、その原因や音の大きさなどは人によって様々です。

そこで、いびきのメカニズムについてお話したいと思います。

いびきと言うのは上気道(のど[咽頭]や鼻[鼻腔])の中にある粘膜が、呼吸することによってそこに空気が通るときに、振動し音が鳴るという症状の事を指しています。そしてこれは睡眠中にしか鳴らなく、起きている時の呼吸では鳴りません。

なぜかというと、睡眠中は上気道が狭くなっていることが関係しているからです。

上気道というのは、元々狭い器官であり、筋肉によって支えられているのですが、それが何かの原因で狭くなってしまうと、空気の流れがその狭さによって速くなってしまいます。そうなると空気抵抗が大きくなり、上気道の粘膜の振動が増加し、抵抗音や振動音が生じるというわけです。

睡眠時には全身の筋肉が緩みますので、当然上気道の筋肉も緩んでしまいます。ということは、睡眠中は上気道が狭くなってしまうのです。ですから『いびき』をかきやすくなるという事なのです。

上気道が狭くなるのは、何も睡眠時ばかりではありません。アルコールを摂取したときや疲労がたまっているとき、あるいは肥満、病気、老化など色々な原因によって上気道は狭くなる可能性があります。

原因はさまざまですが、いびきが出るメカニズムというのは、共通して上気道が狭くなってしまうことに繋がっているのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0