This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきによってもたらされるさまざまな弊害

いびきによってもたらされるさまざまな弊害

いびきをかく人はたくさんいらっしゃると思います。たかが『いびき』と思っている方も多いと思います。しかし、いびきには様々な弊害が生じる事があります。場合によっては、重大な病気につながる事もありますので、甘く見てはいけません。

では、いびきによる弊害とはどういうものがあるのか、以下にご紹介しますので、いびきをかいている方や家族など身近にいびきをかく人がいるという人は、是非参考にしてください。

<騒音>
いびきによる騒音とは、かいている人には気にならないのですが、聞いている人にとっては、かなり睡眠妨害をされていることでしょう。しかし一人暮らしなら、かいている本人には気にならないことなので、特に問題はありません。

人によっては、ちょっとした音でも目が覚めてしまうというような敏感な人もいますので、いびきをかく人がそのような人と共同生活をするとなると、困難になってしまう可能性があります。
また、いびきは自覚症状がないので、他人に指摘されて知る場合が多くあります。指摘されるといびきの事が気になってしまい、旅行に行くことが消極的になってしまったり、結婚生活ができなくなるのではないか…と悩んでしまう人もいます。

<睡眠不足>
いびきをかいている状態の時は、熟睡していない…つまり眠りが浅いという事になります。眠りが浅いままだと充分な睡眠がとれていないので、朝すっきりと起きられず、疲労感がとれずに残ったまま目覚める場合が多くあります。その為、日中になると眠気が襲ってきたりします。

日中に眠気がよく襲ってくるようになると『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』である可能性が高いですので、注意が必要になります。

<酸素不足>
いびきをかくということは、『上気道が狭くなっている』ということですので、身体は空気の循環が不十分になっています。ということは、体内に取り込まれる酸素が不足しているということになります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0