This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > 複数あるいびきの原因をさぐる

複数あるいびきの原因をさぐる

『いびき』の原因には色々なものがあって、人それぞれ違っています。また、原因が一つとは限らず、複数の原因が重なって起こっているものも多いようです。
自分の原因が何かを調べて原因を取り除く事が、一番の解決策になることでしょう。

下記にいびきの原因を紹介していますので、自分に当てはまるものないかどうか、是非参考にしてみてください。

◆肥満
体が太って、肥満体型になってくると、体の外側だけでなく、体の内側にも脂肪がついてしまいます。体の内側でも、特に首周りや上気道の内側に脂肪がついてしまうと、上気道が狭くなってしまい、呼吸をした際の空気抵抗が大きくなります。そのため、呼吸をするたび、のどの粘膜の振動が大きくなり、いびきをかいてしまうということです。

◆口呼吸
『口呼吸』は、いびきをかく大きな原因の一つと言われています。実際に、いびきをかくほとんどの人が口呼吸をしている、あるいは口をあけたまま寝ているそうです。ということは、口呼吸はいびきと密接な関係があるということが言えるでしょう。

◆寝る体制が仰向けである
寝るときの体制が仰向けだと、舌が喉の方に落ち込みやすく、口の奥の方にある粘膜が下がってしまい、上気道が狭くなったり、塞がってしまったりします。そうなると、呼吸をするときの空気抵抗が大きくなってしまい、喉の粘膜の振動が大きくなり、いびきをかきやすくなってしまうということです。

◆寝るときの体勢
寝るときの体勢が仰向けで、しかも胸の上に手を置いて寝る…という人がいます。しかし、この体勢は胸の部分が圧迫されて、呼吸が浅くなってしまい、そのために身体は酸素を多く取り入れようとして、無理な力が加わってしまいます。そうなると喉の粘膜の振動が大きくなり、結果、いびきをかいてしまうというわけです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0