This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきがあなたの身体の異常を警告しています!

いびきがあなたの身体の異常を警告しています!

いびきをかくということは、睡眠中、慢性的な酸欠状態を引き起こしているということです。
下記のような症状がある場合には、あなたのいびきには内科的な原因が潜んでいるかもしれません。
該当するかどうか見てみてください。

①睡眠中、何度も目が覚める。
②昼間、居眠りが多々ある。
③すぐ、横になって寝たいと思う。
④睡眠中に息苦しくなることがある。
⑤喉が異様によく渇き、つい水をがぶ飲みしてしまう。
⑥鼻や喉の疾患は特に無いが、毎晩大いびきをかいて寝ている。
⑥毎日なんとなく頭がだるくて、集中力が続かない、また気力も沸かない。

症状はこれ以外にも色々とありますが、一つでも該当している項目があれば要注意です!あなたのいびきには、実は内科的な原因が潜んでいる可能性があります。それは、身体の異常を警告してくれているのかもしれません。

数年前あたりから、睡眠時無呼吸症候群という言葉を耳にされることが多くなったと思いますが、大いびきをかく人の大半が、この睡眠時無呼吸症候群になっているという事が明らかになっています。睡眠時無呼吸症候群というのは、睡眠中、一時的に呼吸がとまってしまい、そのため身体全体への酸素の供給もとまってしまう症状のことをいいます。

何故危険なのかといいますと、睡眠中というのは、人間の身体が最も休息を求める時間であるにもかかわらず、慢性的に酸欠状態になっていると、生命活動そのものが危険にさらされてしまうという恐ろしい状態になってしまうからです。

身体が慢性的な酸欠状態になるということは、循環器系や呼吸器系などへ悪影響が出てきて、脳梗塞や脳卒中などを引き起こす可能性がでてきます。

また、合併症を引き起こす可能性もありますので、上記の症状があるな…と思われる方は、早めに専門医に診てもらう事をおすすめします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0