This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきの治療方法として手術があります

いびきの治療方法として手術があります

いびきというのは、周囲の人にしてみたら「うるさいなぁ…」と思っても、それが大きい病気につながっているかもしれないと考える人は少ないでしょうし、ましてや本人は自覚症状がないですから、周囲の人から言われたとしても楽観視されている方が多いように思います。

しかしいびきは、睡眠時無呼吸症候群や耳鼻科などの疾患の場合もありますので、楽観視してはいけません。いびきをかく人が周りでいるよという方は、専門医に相談するようにすすめましょう。

ではいびきはどうしてかくのでしょうか?
いびきの原因としてよく挙げられるのは以下の通りです。

①鼻の疾患や鼻炎などによる疾患の悪化
 もしかなり悪化しているようであれば、手術が必要になるかもしれません。

②扁桃肥大やアデノイド肥大、あるいは咽頭部の狭窄をきたすような物理的な口蓋扁桃肥大など
 口蓋扁桃肥大が大きい子供さんや、大いびきをかく場合には、口蓋扁桃腺手術適応、口蓋扁桃腺摘出手術などが必要になってくるでしょう。

③肥満
 大人の方の場合で、肥満であると診断された方にはダイエットが治療法のひとつとなってくるでしょう。

④アルコールの摂取や薬の摂取による鼻の粘膜の肥厚や充血
いびきを解消する為の手術には、鼻の構造や原因によって『鼻腔形成術』『副鼻腔手術』『口蓋扁桃摘出術』『アデノイド切除術』『軟口蓋形成術』などがあります。そしてそれらには健康保険が適用される場合と適用されない場合がありますので、事前に調べられた方がよいでしょう。

ここでは手術の話をしましたが、現在いびきでお悩みの方は、まずは専門医によって原因を調べてもらい自分にあった治療法や改善法をよく相談しながら決められたほうがよいと思います。

また、原因がはっきりしている場合は、まずそれの改善策を先に行い、それでもなんら改善されない場合には手術という方法をとってもよいのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0