This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきとあごの関係

いびきとあごの関係

ここ最近、「顎が小さい」「小顔がいい」などとよく言われていますが、顎が小さいと『いびき』をかきやすくなるといった問題点があります。

何故いびきをかきやすくなるのかと言いますと、顎が小さいと、顎に舌が収まらなく、気道の方に落ちるようになります。
舌が気道の方に落ちていくと、その分気道が狭くなってしまうため、呼吸をすると空気の通りに抵抗ができるようになります。その抵抗がいびきであり、空気が通るたび音をたててしまうのです。

また、顎が後の方に移動してしまっているような場合も、いびきをかく可能性があります。

もともといびきというのは男性に非常に多かったのですが、近年になり食生活が変化し、子顎の女性が増え、それが原因でいびきをかく女性が増えてきていると言われています。

また、老化などによる筋力の低下でもいびきをかいてしまいます。筋力というのは人によって違いはありますが、だいたい30歳位が筋力のピークだと言われています。その後45~50歳位までは徐々に低下していきます。
そして60歳前後になると急速に筋力が低下すると言われています。

さて、いびきを解消する方法ですが、最近ではグッズも色々と販売されるようになり、マウスピースやマスク(CPAP)などを使用し、いびきを解消している方が多いようです。

マウスピースを使用する場合は、顎を持ち上げた状態で使用してください。下顎や舌が落ちるのを防止する役割をします。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を広げる役割を果たしています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0