This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきをレーザー治療で治しましょう

いびきをレーザー治療で治しましょう

一言で『いびき』と言っても、その原因は様々です。しかしその多くは、睡眠中に舌が上気道を塞いでしまう事によるものと考えられます。

いびきの治療法にも様々な方法がありますが、その方法の一つに『レーザー治療』があります。このレーザー治療というのは、口蓋垂の周りをレーザーで照射し、塞がった気道を少しずつ広げていくという治療法になります。
いびきは気道の中の粘膜が震えることでおこるので、レーザー治療することにより、この震えを抑えます。

現在のレーザー治療は、以前と違って痛みが少なく、出血も抑えられていますし、日帰りで行えるのですいぶんと手軽に出来るようになりました。

【治療の流れ】
①診察・検査
 まず口や鼻の状態がどうなっているかを内視鏡で確認し、いびきの原因を探ります。そこで無呼吸症候群の可能性があると診断された場合には、別の検査を行っていきます。

②レーザーによる治療
 いびきや無呼吸症候群を、レーザー照射することで、気道を広げ改善していきます。レーザー治療は、痛みや出血が少ないので入院する必要はありません。
問題視されているいびきの音ですが、これには個人差があるため、治療をしても音が改善されない人もいます。しかし、この治療を受けた方の約9割の人は、改善されているということです。治療後、音が改善されなかったという方の多くは肥満体質であったとされています。

③手術後
 治療後は落ち着くまでに約1~2週間かかりますので、その間は激しい運動や刺激物の摂取は控えた方がよいでしょう。
 傷跡が落ち着いてきたその1~2週間後に、専門医に診察してもらうことになります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0