This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきの治療方法 鼻マスク

いびきの治療方法 鼻マスク

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療にはさまざまな方法がありますが、その一つに『鼻マスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)』というのがあります。
これは重度に至るまでの睡眠時無呼吸症候群の治療に適応しています。

治療方法は、まず鼻にゴムマスクを装着します。そしてコンプレッサーを使用し、圧力を加えた空気を鼻から気道に送り込みます。これは人工呼吸器と同じように、気道内を陽圧にさせて、空気を人工的に送り込むことができる装置で、これによって、舌が気道の方へ落ち込み、気道を閉塞させる事を防止することができます。この方法を用いると、症状が大幅に改善され、熟睡できるようになると言われており、睡眠時無呼吸症候群の治療にはかなりの効果が期待できることでしょう。

しかし、鼻マスクは有効的な面ばかりではありません。例えば、マスクをする事によって寝苦しさや不快感が出てきます。また、鼻マスクには加湿機能が付いているものもありますが、付いていないものもあり、それを使うと喉が渇いたり、痛くなったりします。ましてや鼻が悪い人には使用できないという大きな欠点があります。
鼻マスクを使えない人には、マウスピースを使ったり、手術といった別の方法で治療することになるでしょう。

装着はポータブルでいいのですが、持ち運ぶとなるとホースが付いていますし、電源がないと使えないなど不便な面があります。また、マスクのお手入れも必要です。

治療を始めるに当たっては保険適用外になりますので、費用が高額になることを頭に入れておかなければなりません。おそらく数十万円はかかってくるでしょう。
しかし、場合によっては保険が適用されることもあります。
それは入院時の検査で、無呼吸症候群が中~重度だと診断された場合であり、かつ月一度の通院ができる人に適用されることになります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0