This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびき治療

いびき治療

『いびき』の治療というのは、無呼吸症候群であれば保険が適応されます。
しかし、『いびき』がかならずしも無呼吸症候群であるという訳ではありません。
基本的に『いびき』というのは自覚症状が無く、本人以外の方から指摘される場合が多いでしょう。
もし『いびき』がたいしたことないと診断された場合は、保険適応外となりますので、現在の日本では病気として捉えられることが出来ません。

日本では、『いびき』をかいている人というのはたいへん多く、社会的にも問題が多々あるというのに、病気と認識されず診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合がたいへん多いと言われています。
それは、『いびき』は他の病気と違って、薬での治療法がないからでしょうか…。
そのため、現在、薬以外の民間療法が多くとられています。ただし治療効果には多少問題があるかもしれませんが…。

病院で出来る治療としてはレーザー治療があります。
レーザー治療の利点としては、出血が少ない、局所麻酔なので痛みがほとんどない、入院が不要である、副作用が少ないなどが挙げられます。
しかし、保険が適応されませんので、手術費用が高額になる可能性があります。だいたい20万円前後になると思います。

その他、鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼き、鼻の空気の通りを改善する方法があります。

手術後は不快感が2~3週間ほどあるでしょう。
また、アルコールを摂取しない、食事制限などがありますが、徐々に改善していきますので、忘れずに通院するようにしてください。

また、症状によっては保険が適用される場合もあるそうなので、よく医師と相談し、治療内容を決めるようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0