This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきをレーザー治療で治す!

いびきをレーザー治療で治す!

基本的に『いびき』というものは、本人の自覚症状はないと思います。
ですが、『いびき』は少なからず家族や友達などの安眠を妨害していることでしょう。
しかし、問題はそれだけではありません。
睡眠時無呼吸症候群や慢性疲労、脳梗塞、心臓病、あるいは突然死など大変な病気を引き起こしたりするかもしれないのです。
「たかがいびき…」と甘くみていたら、大変な事になるかもしれませんよ。

その『いびき』を解消する方法として、『レーザー治療』があるのをご存じですか?
『レーザー治療』とは、のどちんこの周りにレーザーをあて、気道を広げるのです。
そうすることによって、『いびき』の原因である喉の粘膜の震えが解消されて、いびきが軽減されるということです。
レーザーと聞くとちょっと怖く感じるかもしれませんが、手術は局所麻酔をして行いますので痛みはほとんど感じられないと思いますし、また手術時間も5~15分程度と短いですので、忙しい方でも比較的受けやすいのではないでしょうか。

術後の通院は頻繁にしなければならないということはなく、術後の経過が良好であれば、炎症がとれる1週間後、手術の反応が消える1ヵ月後、のどの形状が決まる3ヵ月後など、きりがいい頃に受診するぐらいでいいと思います。

術後の痛みに関してですが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みが出ることがあります。
また、食べ物を食べると飲み込みづらいなどの違和感があったりします。
しかし、このような痛みや違和感というのは、1週間ほどでだんだんとれていくことでしょう。

治療後の食事制限ですが、まずアルコールやタバコは控えましょう。
さらに固いものや熱いもの、辛いものなどの刺激物などもできるだけ控えるようにしましょう。

そして処方されたうがい薬を使って、1日5~6回ほど、うがいをするように心がけましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0