This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止 > いびきって怖いものなんです

いびきって怖いものなんです

いびきというのは実は怖いものだという事を認識されてない方が多くいらっしゃるようです。
しかし、恐ろしい病気が潜んでいることがあるのです。

いびきによる睡眠呼吸障害は、
①睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害
②呼吸中枢の中枢性障害
③閉塞性障害と中枢性障害の二つが一緒になった混合性障害
の三つに分類されます。

①の閉塞性障害は上気道の狭窄によっていびきが起きていますので、骨や軟骨で気道の周りが保持されていない状態であり、最も深刻で問題のある部位と言えるでしょう。

『いびき』というのは、持続性のものと周期性のものとがあります。
以下にそれぞれの性質をまとめてみました。

①持続性いびき
睡眠中の上気道の抵抗が少ないので、充分に換気されており、酸素不足になることはまずないでしょう。

②周期性いびき
気道の狭窄が大きく、その為、呼吸が一時的ではありますが停止した状態になります。呼吸が停止すると血液中に取り込まれるはずの酸素は不足し、その代わりに炭酸ガスが蓄積されるようになります。こうなるといびきの音はどんどん高くなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足などの睡眠障害になると、昼間に突然、睡魔に襲われるようになったり、注意力が散漫になったり、覚醒障害などの症状がでてきます。
特に睡眠障害である時の車の運転は事故の元ともなるので特に注意が必要でしょう。
更に、血液中の酸素が不足してしまうと、脳を刺激してしまうため、覚醒を起こしてしまうこともありますので注意しなければなりません。

また、酸素不足になると高血圧や肺性心合併などの合併症を起こすこともありますので、更に注意が必要になりますので、いびきをかく方は、医師の診断を受けることをオススメします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0