This page:いびき解消法!正しい治療と対策でいびき防止


赤ちゃんのいびきには注意が必要です!

子供のいびきというのは注意が必要だとご存じの方も多いと思います。
しかしそれ以上に、赤ちゃんのいびきというのは注意をしなければなりません。

なぜなら赤ちゃん、特に新生児がいびきをかいている場合には、先天的な疾患や障害が原因でおこっている場合がほとんどだからです。
いびきというのは、のどの構造上の問題でかく場合が多く、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めることから起こっています。こういう場合、完治しにくいと言われています。しかし、赤ちゃんの場合は成長によって喉も変わってくるので、成長過程で自然に治る可能性もあります。

赤ちゃんの喉の位置というのは大人よりも高い位置にあります。更に舌が上の方にあるため、口からの呼吸がしにくく、自然と鼻呼吸ばかりになります。ですから、鼻が詰まってしまうと、夜鳴きやいびきの症状を引き起こしたり、不機嫌になったりします。

また、別の原因としては、扁桃腺やアデノイドという咽頭扁桃が肥大している事が考えられます。この肥大は10歳前後がピークだと言われています。この肥大が収まれば、いびきも自然と解消されます。ですから、赤ちゃんのいびきの原因が扁桃腺などの肥大の場合は、早急に治療せず、少し様子を見てもいいかもしれません。

更に赤ちゃんのいびきの原因に、アレルギー性鼻炎など、鼻の障害の場合があります。赤ちゃんは鼻呼吸が主なため、鼻づまりで口呼吸になってしまうと、いびきの原因となってしまいますし、さらに放って置くと、鼻疾患から呼吸困難を引き起こしてしまう可能性があります。

場合によっては命に関わる事になるかもしれませんので、赤ちゃんがいびきをかいている場合には専門医を受診することをおすすめします。

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0