This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 赤ちゃんの肌が乾燥肌?!

赤ちゃんの肌が乾燥肌?!

赤ちゃんの肌って、毛穴なんて全く見えなくて、触るとぷくっと弾力があって、すべすべで思わず頬ずりしたくなる…そんなイメージがありますよね。
赤ちゃんと接した事がない人は『赤ちゃんの肌は、たまご肌』って思い込んでいる人って結構いるんじゃないかな…?
私もそう思っていました。赤ちゃんの肌はみんなたまご肌なんだって…。

でも、初めての赤ちゃんが乾燥肌、ましてやアトピーだったら…?
きっとお母さんは悩みまくってしまうことでしょう。
「なんでっ?!なんでうちの赤ちゃんの肌だけこんなにボロボロなの?!」って。
よく『赤ちゃんの肌はデリケート』と言いますが、本当に赤ちゃんの肌は、お母さんが想像する範囲をはるかに超えるデリケートさだったりします。
大人の肌とどの位違うのかというと、赤ちゃんの肌の厚さは大人の肌の約2分の1から3分の1と言われています。
その上、お肌を保護する膜がまだちゃんと出来ていないので、ちょっとした刺激で肌は大きなダメージを受けてしまうのです。
こんなにデリケートな肌を持つ赤ちゃんが、さらに肌の弱い…乾燥肌でアトピーの赤ちゃんだったら、そのダメージははかりしれません。

我が家に待望の赤ちゃんが産まれました。赤ちゃんの肌はみんなたまご肌って思っていた私は、前述のようにびっくりしました。
そう、乾燥肌を受け継いで産まれてきたのです。皮膚が特に薄いみたいです。
洋服にほっぺが触れただけで肌は刺激を受けてしまい、湿疹ができてしまいます。そして、そこにまた生地が当たると肌はもうじゅるじゅるになってしまう悪循環なんです。
夏はある程度、肌が潤っているので刺激を受けにくいですが、秋になると乾燥肌のガサガサが全身にでてきて病院通いの日々になります。
お風呂上りはすぐに肌を保湿&保護していますが、一日中、赤ちゃんの肌を気にして乾燥していたら『すぐに清潔にして保湿』を繰り返さないとすぐに悪化してしまいます。
でも、それはやはり体力的にも時間的にも無理なので、悪化してしまったら迷わず薬を使っています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0