This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌がもたらす湿疹

乾燥肌がもたらす湿疹

私、結婚して子どもを産むまでは、「乾燥肌」ってただ単に肌がカサカサしているだけで、化粧のノリが悪い?見た目の問題かな?ぐらいにしか思っていませんでした。
でも実は、乾燥ってお肌の一番の大敵で、乾燥肌ってホント大変なんですね。
湿疹は食べ物やストレスなど、体の内側から出ることも多いですが、乾燥肌が原因で湿疹が出ることも、特に秋~冬時期にかけては多いそうです。

なぜ肌が乾燥すると湿疹ができるのか?について簡単に説明していきたいと思います。
皮膚の表面は、皮脂と汗などが適度に交じりあって出来た皮脂膜という膜で覆われています。
皮脂膜の役割は、皮膚に必要な水分が蒸発してしまわないように水分保持するのを助け、しっとりとした肌を保ち、それによって内部での細胞分裂を活発にする為の手助けをしています。

冬になると空気が乾燥するので、お肌もやはり乾燥してしまいます。
水仕事をした後や、熱いお風呂に入って体が温まった後などは特に、皮膚から凄いスピードで水分が蒸発していきます。
そうして出来上がった乾燥した肌。
乾燥した皮膚の表面には、保護してくれるはずの膜が壊れてしまい、内側に刺激物質が入りやすくなってしまいます。

刺激物質となるものには色々とあります。
・「痒い~!」とボリボリ掻く行為
・化繊などによっておこる静電気
・衣類に残ってしまっている残留洗剤
・ハウスダスト等
その他にも、身近なあらゆるものが肌への刺激の原因となり、その刺激物が壊れた肌の表面の、膜の隙間からダイレクトに肌の内部に入り込んでいき、それが原因で湿疹が起きるのだと言われています。
これらは、私の今まで得た実体験から得たものと、我が子のアトピーから勉強し始めた知識程度ですので、一部間違えもあるかもしれませんが…。

子どもが超乾燥肌でアトピーだと診断されてから、皮膚トラブルのない人から見ると、神経質と思われる位、ほんとに色んな事に気を配ってきました。
肌の水分を保つということを徹底したことにより、湿疹がでなくなった実体験もある私が、今言えることは、乾燥肌はとにかく、お手入れを欠かさずしてあげないといけないのだということです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0