This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌の人のスキンケア

乾燥肌の人のスキンケア

最近、様々なスキンケア商品が販売されていて、正直何が良いのか迷ってしまいます。
我が家には超敏感肌の人間ばかりがそろっていますので、基本的には石油系の合成化学物質が極力入っていないもの、間違って口に入ってしまっても無害なものを購入するようにしています。
そうは言っても、安全と言われる純石けんを使ってスキンケアの基本である肌の洗浄をする事は、残念ながら我が家の人間にはむいていません。
なので、現在我が家では、石油系ではない合成化学物質入りのものを使用しています。

肌の洗浄をし終えた後の肌というのは、すぐに水分がどんどん蒸発していきます。
何もしないでいると、砂漠のようにカラッカラに乾いていきます。
砂漠を潤すためには、一体どれだけの水分をしみこませなければいけないでしょうか?と考えると、肌も同じで、砂漠みたいにカラッカラに乾燥してしまわないうちに、水分を補給して肌の表面を覆ってあげると、大量の水分をしみこませ復活させるまでに時間がかかる…なんて事にはなりません。
例えば皮膚にひび割れが起きてしまうと、皮膚の補修作業にとてつもない時間とスキンケアの労力が必要になります。

肌に水分を保つ成分としてよく知られているものの一つに、「ヒアルロン酸」というものがあります。
ヒアルロン酸は、わずか1グラムで6リットルもの水分をかかえこんでくれると言われています。
それはもう乾燥肌には、何とも強い見方の成分ですよね。

それから、乾燥しているお肌に水分を補給する時にとても塗りやすいのがゲル状の保湿クリームです。
このゲル状の保湿クリームにヒアルロン酸が入っていると、これはもううれしい限りです。
夫のかかとは、子どもの頃から遺伝でビキビキと深くヒビが入っていました。
冬になるとそのヒビは一センチ以上も深くわれ、いつも血がにじんでいました。
しかし、なんとヒアルロン酸入りのゲル状保湿クリームを塗る事でひび割れかかとがつるつるかかとに大変身したんです!
主人は、「医者でもらった薬も効いたためしがなかったのに…」ととても驚き、大喜びしていました。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0