This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌の人の化粧:ファンデーション

乾燥肌の人の化粧:ファンデーション

肌が荒れていると、ファンデーションののりってやっぱり悪いですよね~。
デコボコした画用紙の上に色を塗るのと、きれいな画用紙に色を塗るのでは全然違う仕上がりになるのと一緒ですよね。
デコボコがでないようにファンデーションを分厚く塗ったとしても、肌が乾燥していると粉を吹いちゃうし、ムラが出たりして余計に汚らしくなってしまいます。

開いてしまった毛穴は、すぐに閉じる事は出来ないけれど、乾燥肌は下地を塗る前にしっかりと保湿する事である程度は解消することができますよ。
昔は石油系の化粧品が多かったので、使えば使うほど肌が乾燥してしまいましたが、最近はナチュラルなものが沢山販売されていますので、できればそのようなものを使って、しっかりと水分を補給し保ちたいものです。
水分が入り込んだお肌は、シワの部分が薄くなってくれますので、ファンデーションがシワの線に沿って入ってしまうのを防いでくれますので、ファンデーションをきれいにのばすことができます。

お化粧の基本は『化粧水→乳液→下地クリーム→ファンデーション』ですが、私は面倒なのでゲルクリームを塗った後に下地クリームでベースを滑らかにして、それからファンデーションを塗っています。
ファンデーションのタイプには、パウダータイプ、クリームファンデーション、リキッドファンデーション、スティックファンデーションなど、今はホントに様々な種類が出ています。
乾燥肌の人には、やはりクリームタイプやリキッドタイプをオススメします。
最近では、乾燥肌用の保湿効果があるファンデーションも市販されていますよ。
あと、紫外線は乾燥肌を悪化させますので、下地にUVカットする働きを持っているものを使うのもかなり重要なポイントです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0