This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 医者が勧める乾燥肌対策とは

医者が勧める乾燥肌対策とは

我が家は私以外、乾燥肌をもっています。そこで以前内科にかかったついでに、医者に何となく乾燥肌や敏感肌の事を質問したのです。
そのときの返事は、「ん~、桃の葉エキス入りとかのクリームやなんかを塗ってあげると良いんじゃないの?」ということでした。
その後、我が子の肌のアトピーがとても重症だったので、独学で色々調べたり、実際に我が子の肌であれこれ試してみたりしているうちに、「お医者さんでも、皮膚についてしっかり勉強していないと適当な答えをする事もあるんだ(専門科意外と言うべきかな?)」という答えにたどり着きました。

私の住んでいる地域でわりと評判の良い皮膚科のお医者さんに、乾燥肌・敏感肌の対策として何か保湿剤などを塗ったほうが良いのかどうか聞いてみました。
その答えは、前述の内科医とは全く違う答えで「いや、何も塗らないほうがいいですよ。」というものでした。
塗るならば、医者が処方した「ワセリン」系の保護剤を塗るほうが良いのだそうです。

我が子の肌のケアで、自分の子の肌に合った保湿剤を見つけて薬から脱出したという経験をした私には「え?そんなことって…」と思ったのです。
超乾燥肌の夫は、子供の頃、皮膚科で砂漠の地割れのようなかかとにワセリンや尿素クリームを配合された事があったようですが、全く良くならなかったって言っていたのに…。

超乾燥肌の夫と乾燥肌の子ども二人を見てきた私は、医者によって色々と話が違うというのは、一人ひとりの体質や乾燥肌の原因が違うからなのかな?なんて思ったりもしました。
また、皮膚科の先生が「何もしないほうがいい」と言い切るのは、それだけ市販されているクリームでかぶれている人が多いのかもしれないな…と思っています。

そして私は、肌に関していろいろと質問してお医者さんにアドバイスを貰ったとしても、結局は自分自身の肌を日々しっかりと観察する力が物を言うのだろうなぁ…という結論に達したのでした。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0