This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 赤ちゃんの乾燥肌への対策

赤ちゃんの乾燥肌への対策

産まれて間もない赤ちゃんのお肌は、キメが細かくとても綺麗で羨ましいな…なんて思っていると、3ヶ月を過ぎた頃から次第に皮脂が少なくなり、乾燥肌に大変身してしまうことがあります。
突然起こった我が子の肌のトラブルに、新米のママさん達はオタオタしちゃうことがあるそうです。
私の場合は第一子が乾燥肌…というか、産まれて一ヶ月しないうちから酷いアトピーだったので、オタオタするというよりか、どちらかというと悩みまくっていました。

秋から冬にかけては、赤ちゃんの薄い皮膚は最も外界からの刺激を受けやすい季節となりますので、しっかりと乾燥肌対策をしてあげましょうね。
冬は冷たくて乾燥した空気が、室内に入れば暖房による暖かくて乾燥した空気が、さらには乾燥によっておこる洋服の静電気…と、赤ちゃんにとってはそこらじゅう刺激だらけなのです。

対策としては、お風呂に入り体を洗う際には柔らかなタオルを使って、軽く汚れを浮き出させるような感じで優しく洗います。手で洗ってあげてもいいです。
そしてお風呂から上がった時に体を拭くタオルも柔らかいものを使い、ゴシゴシこするのではなくポンポンと表面の水分を吸い取るようにします。
大切なのは、その後すぐに水分補給&保護をしてあげることです。
その際使用するクリームやオイルは、赤ちゃんの肌にあうものかどうかをしっかり観察し選んであげるようにしましょう。
水分を与えるだけだと、時間が経つにつれ、せっかく与えた水分が蒸発していって、結局肌がカサカサになり肌内部が刺激を受けてしまうということになってしまいますので、保護クリームやオイルを塗って水分が蒸発しないよう保護するようにしましょう。
おすすめは『馬油』というもので、人間の皮脂に非常に近い成分から出来ていて、殺菌作用もあります。
選ぶ際には、なるべく添加物が入っていないものを選んであげましょう。

それから、赤ちゃんに着せる衣類は静電気が起きにくい綿素材のものを選ぶようにしましょう。
赤ちゃんを抱っこする機会が多いお母さんも、なるべくウールなど刺激になる素材の洋服ではなくて、綿素材のものを選びたいものです。
一番のおすすめはオーガニックコットンのように化学物質での処理がされておらず、ふんわり空気を含む繊維で出来ている生地の洋服です。
襟元のタグは肌の弱い赤ちゃんには刺激になる事が多いので、切ってあげるとよいでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0