This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 『大島椿油』乾燥肌への対策

『大島椿油』乾燥肌への対策

『大島椿油』ってシャンプーやリンス、ヘアオイルなど髪の毛用のオイルだと思っていたのですが、なんと「食用」なのだそうですね、びっくり…。
伊豆大島では古くから作られているそうです。近頃の健康ブームに便乗して私も料理に使ってみたくなりました。

『大島椿油』は食べられるものなので、化粧品として使用するのにも全然問題ないそうです。
人の皮脂に含まれている成分と同じオレイン酸を90%も主成分としているので、皮膚へのなじみがたいへん良く、肌の健康を守る効果が期待できそうです。
オレイン酸というのは、脂肪酸の中でも一番酸化しにくいもので、健康に良いとされる脂肪酸の代表はオレイン酸だそうです。

この『大島椿油』は、乾燥肌の大敵である紫外線から肌を守ってくれる力もあるのだそうです。
そのうえ保湿力もありますので、保湿しながら紫外線が予防できるという、まさに一石二鳥なオイルなのです。
冬には唇も乾燥して悩みの種になっている人も多いですよね。
そんな時には余計な化学物質などが入っていないこの椿オイルで、夜寝る前に唇を保護してあげるのも良いかもしれませんね。
あと足のかかと!乾燥肌の人はひび割れになっている事が多いと思います。
皮膚科に受診すると、だいたいワセリンや尿素クリームを処方されますよね?
薬も大切ですが、この椿油を一度使って見てください。夜寝る前に、栄養たっぷり天然100%の椿油を塗って保湿して見てください。

椿油の事をどんどん調べていくと、どうしても手に入れたくなって商品を買っちゃいました。
台所に置いて料理に使ったり、手についちゃっても洗い流さないで肌に延ばしてスキンケアを。唇が乾いたら台所のその場で唇を保護…。
どうやらあれこれ色んな化粧品をそろえる必要がなさそうですよ。
この冬はナチュラルかつシンプルな生活に一役かいそうなこの椿オイルに期待をよせています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0