This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌のかゆみをとめたい!

乾燥肌のかゆみをとめたい!

秋から冬にかけてのこの時期には、空気の乾燥や暖房機によってお肌がピキピキに…。
ピキピキしているお肌の内部には、さまざまな刺激物質が入り込んでしまっていて、かゆみに悩まされてはいませんか?
かゆくならない為には、しっかりと保湿&保護をすればよいのですが、それでも限界ってありますよね。
それに内部からでているかゆみだってあります。

かゆみが強いと集中力がなくなり仕事にならないし、子供だったら勉強どころではありません。
酷いと夜眠れなかったりするし、ストレスは溜まるし…。そうなってくるとやはり精神面にも支障がでたりします。
『寝る子は育つ』と言われている時期の子供だったら、かゆみのせいで発育に影響があったりするのでしょうか?

とりあえず、今苦しんでいるこのかゆみをなんとか和らげる方法としては『冷やす』が効果的です。
人がかゆみを感じている時というのは、血管が広がっている状態になっています。
かゆみのある部分を冷やすことで、広がっている血管が一時的に締まり、かゆみが治まって気持ちよく感じます。
しかし、その後冷やすのをやめると血管は徐々にふくれてきて、その反動で前よりも余計にかゆくなってしまうことがあります。
ですので、乾いたタオルに保冷剤をはさんで冷やしたり、ビニール袋に冷水を入れてほんの短時間だけ冷やしたりすると効果的ですね。
ちなみにじんましんのかゆみにもこの方法で乗り切っています。
濡れたタオルで冷やしたり、長時間冷やす事は余計にかゆみが悪化することになりますので、それだけは避けましょう。

それでも治まらず、どうしても爪をたてて掻きたいというときには…
以下は実際に私がやった方法になります。あまりおすすめできる内容ではないかも…?
◆指の腹でかゆい場所をぽん、ぽんと叩く。
(しかしコレはいまいち効果は薄いかも…)
◆かゆい場所を掻く前に、オイルやクリームを少々厚めに塗り、その上から気の済むまで爪を立ててがーっと掻く。
(お医者さんに言ったら怒られそうですが…)
◆爪で×(バッテン)を作ってその刺激でかゆみを紛らわす。
(蚊に刺されたときにしている方も多いのでは…?)

意外と効きますよ!

 

cms agent template0037/0038 ver1.0