This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌をもつ赤ちゃんの湿疹

乾燥肌をもつ赤ちゃんの湿疹

我が家の子供達は三人とも、生後2週間目ごろから体中にブツブツが出はじめました。
このブツブツは、生まれてから3ヶ月位までは乳児湿疹というもののようです。
この湿疹は、乾燥肌が原因でおこるものではないそうです。
ちなみに我が家の子供達の場合は、アトピー体質によるものなので、乳児湿疹と呼ばれるレベルではないのですが…。
3ヶ月を過ぎると赤ちゃんの肌は、今までとは違ってだんだん乾燥肌になっていきます。
それは、皮脂の分泌量が急激に減ってしまうためです。

赤ちゃんの肌はただでさえ薄く、大人の半分~3分の1ほどしかないと言われています。
この薄い肌を守ってくれる皮脂が少なくなってしまうという事は、外からの刺激を受けやすい状態になっているという事です。
ごわごわした服や静電気がおきやすい化学繊維の素材、刺激の強い洗剤、衣類に残留した合成洗剤、ハウスダストなど、赤ちゃんを取り巻く環境には沢山の刺激が待っています。
大人は大丈夫でも、肌の薄い赤ちゃんにはそれらの刺激によって湿疹がでる子が増えています。
これがそう簡単になおらないと『アトピー』と診断されているようです。
現代ではアトピーと診断されている子供がたいへん多いそうです。
そして我が家の子供達も、全員例外ではありませんでした。

乾燥してブツブツができている肌は、強いかゆみを伴っている事が多いですが、赤ちゃんは自分の手を上手に痒い場所へと持っていく事ができません。
顔や頭をこすり付けたりするしぐさをよくする赤ちゃんは、かゆみが原因かもしれませんね。
なかなか寝付かなかったり、夜中泣きだしたりするのも、痒みが原因の一つになっている場合があるように感じます。
いずれにせよ、あまりにも炎症がひどく痒がっているようでしたら、お医者さんに受診することをおすすめします。お母さんも赤ちゃんもつらいでしょうし、できるかぎり親子共にストレスの少ない生活を送る事が肌への負担を少なくすることにつながるのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0