This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌とにきび

乾燥肌とにきび

『にきび』というと、通常はオイリー肌の人の肌トラブルのイメージがありますよね。
肌の皮脂が過剰に分泌し、そこに細菌が繁殖して、白いぷつっとした湿疹ができてしまう…と。
しかし大人のにきびの原因として、驚くことに『乾燥肌』が挙げられているんです。
乾燥肌は、皮脂の分泌量と肌の水分量のバランスが取れていない状態の肌のことを言います。
お肌が乾燥して角質層の水分が少なくなってしまうと、肌が再生するサイクル(『ターンオーバー』と言います)がだんだん遅くなってきます。

ターンオーバーが正常に行われなくなってくると、お肌の角質は微妙に厚くなっていきます。
角質がだんだん厚くなるにつれ、毛穴は小さく細くなってしまいます。
細くなってしまった毛穴に、剥がれ落ちた角質などの老廃物が溜まり、そこにアクネ菌などの細菌がついてしまうとにきびができてしまうのです。
オイリー肌の人も、乾燥肌の人も、にきびができる原因はやはり「毛穴のつまり」によるものなのです。

ドライスキンの人のにきびは、乾燥を防ぐ正しいスキンケアを行うことによって、かなり改善することができます。
まず洗顔をする際には、できるかぎり刺激の少ない、なるべく無添加の石けんなどを使うようにしましょう。
汚れを落とさなければ…と念入りに洗顔してしまうと、必要な皮脂までとりすぎてしまい、乾燥状態を進めてしまうことになりかねません。そうすると毛穴に細菌や汚れが進入しやすくなってしまいます。できるだけ短時間ですますようにしましょう。
そして洗顔後は、すぐに保湿をしてお肌が潤った状態を保つようにしましょう。

ドライスキンの人のにきびに関する注意点はこんな簡単な事だけですので、オイリー肌の人よりもあまり悩まなくてもよいのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0