This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌とアトピー

乾燥肌とアトピー

肌質にはいろいろとありますが、その中で乾燥肌とアトピーとは実に関係が深いんです。
私はアトピーとは無関係な人だと思っていました。
しかし、子どもは三人ともアトピーだったんです。しかもかなりの重症だったのでびっくりしました。
一人目の時なんて今みたいに家にパソコンもなく、ほんとに情報が乏しかったので、「なんでうちの子だけ…」と途方にくれたものでした。

アトピーは遺伝の要素を多く含んでいると言われています。
我が家では夫が、『超』がつくほどの遺伝性の乾燥肌で、しかも重症の花粉症もちです(驚くことに花粉症は見事に治ったので「でした。」という方が正しいのですが…)。
私は医者で診断を受けた事はないですが、多分アレルギー性鼻炎もちだと思います。
しかも父親が喘息を持っているので、多分喘息ももっていると思います。
そして子ども達は見事に「超」乾燥肌を受け継いでしまい、しかも私と夫がもっているアレルギーもしっかりと受け継いでしまいました。
アレルギー症状と言うのは体の弱い部分にでてきますので、我が家の子供達は乾燥肌という弱い部分にでた…アトピーになったというわけです。

アトピーの対処法は、基本的にはスキンケアです。もちろん食べ物にも気をつけなくてはいけません。油分と糖分の組み合わせは、アトピーには大敵です。
乾燥した肌から、アレルゲンが進入して反応するのを防ぐ為、こまめに乾燥した肌をケアします。
不潔になっている部分は、汚れ自体が刺激になったり、細菌を繁殖させてしまう原因にもなりますので、肌を清潔にするのも重要なポイントになります。
あまりにも悪化してしまった時にはステロイドが必要になりますが、普段のスキンケア次第で薬を使う頻度は格段に減らすことができますので、日々のスキンケアが非常に大切なのです。

我が家の次男の時には、スキンケアをかなり頑張り、なんと薬を使用することなく乗り越えることができました!
途中、悪化した時もありましたがひたすらスキンケアです。肌以外の病気で小児科を受診した際、「薬を塗らないと治らないよ!」と言われたこともありましたが、息子の肌は2週間周期で良くなったり悪くなったりしている事を、母親である私がよくわかっていたので、あっさりと断りました。
しかしこれは、息子本人が痒がって寝られないとか、引っかき傷が堪えないといった状態がなかったからできたことですが…。
アトピーは、お医者さんが処方してくれるお薬も大事ですが、それよりもっと大事なのは、お母さんのスキンケアと鋭い観察力だと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0