This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 赤ちゃんの乾燥肌とワセリン

赤ちゃんの乾燥肌とワセリン

赤ちゃんのカサカサした乾燥肌を心配してお医者さんに連れて行くと、処方されるお薬はワセリンが多いようです。
赤ちゃんだけに限らず、主人も若い頃、かかとのひび割れで皮膚科を受診した際に、処方されたのはワセリンだったそうです。
ワセリンは主婦湿疹など手のひび割れに悩んで受診する人にも、処方されているみたいです。

しかし、ワセリンで良くなったという話よりも、どちらかというと「ワセリンだけでは治らなかった」という話の方がよく耳にします。
私も我が子の肌のことで悩むまでは、『ワセリン』という名前ぐらいは知っていましたが、処方された薬でも治らないんだ…ぐらいにしか思っていませんでした。

しかし、子どもの肌をきっかけにいろいろと調べ、子どもの肌で実験し観察していくうちに、その『効かなかった原因』がわかりました。
そして、ついに夫のかかとのひび割れを治すことができました。
その原因はずばり、乾燥しているお肌に必要なのは『ワセリンで保護する事!』、そしてその前には必ず『水分を補充してあげる事!』だったからです。
いくらお肌を保護してあげても水分がないと回復する力がでません。
だから治らない事が多いのは、当たり前だったのです。
主人はそこまで説明してくれるお医者さんには巡り会えなかったようで、長年かかとのひび割れと戦ってきたようです。
お医者さんからするとそれぐらいは常識の事で説明してくれないのかしら?

我が家では今も3番目の子がアトピー肌で、ステロイドを使用しないでもよい時期のスキンケアとして、ワセリンを処方されています。
もちろんワセリンだけを塗っていても、乾燥肌のカサカサした感じは治まってくれないので、まず生協で購入したゲルクリームを肌に塗って水分補給をしてからワセリンで保護しています。
毎日行うそのお手入れ方法で、薬を使う回数がとても少なくすんでいますよ。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0