This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌とコラーゲンの関係

乾燥肌とコラーゲンの関係

乾燥肌というのは、様々な成分が不足して起こる肌の症状です。
中でもコラーゲンやヒアルロン酸と呼ばれるものは特に重要な成分です。
コラーゲンは私たちの体内の至るところ(皮膚、骨、筋肉、血管、目、髪、爪、歯など)に含まれているタンパク質の一種です。
体全体の約5%、肌の内側にある「真皮」と呼ばれる部分においては約70%がコラーゲンで出来ていると言われています。
このコラーゲンの安定を保つ為には、ビタミンCが必要不可欠なのだそうです。
『お肌にはビタミンCを!』という言葉がよく使われるのは、肌に重要であるコラーゲンの為なんでしょうね。

この大切なコラーゲンが不足すると、乾燥肌になるだけではなく、シミやシワ、さらには関節痛の原因にまでなると言われています。
「コラーゲンと言えばフカヒレ」と言われているほど、フカヒレには良質なコラーゲンがたいへん多く含まれています。
それ以外にも豚足や牛スジ、魚の頭や尾など、ドロっとした部分に多く含まれています。
最近ではラーメンのスープを取る時に一緒に煮込んで「コラーゲンたっぷりのスープ」などを売りにしているお店も見かけます。

コラーゲンは水に溶けやすい性質を持っているので、ラーメンスープやフカヒレスープといったようなスープでの調理がとても合っていると言えます。
またコラーゲンはサプリメントとしても販売されていますので、普段の食生活でコラーゲンが不足しがちだなと思う人は、サプリメントで手軽に補給することもできます。
簡単にできる乾燥肌対策の一つですね。
職場では冷房や暖房などでお肌はすぐに乾燥してしまいますので、女性の方だけでなく、男性の方も乾燥肌には気をつけた方が良いですよ。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0