This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 超乾燥肌

超乾燥肌

我が家は五人家族なんですが、私以外…夫と子ども三人は超がつく乾燥肌なんです。
きちんと保湿してあげないと、肌は一年中粉をふいてざらざらしています。
特に秋から冬にかけてなんて悲惨です。
一日のうち何回か水分補給&保護してあげないと、あっという間に皮膚が剥がれちゃったり、痒がってかきむしってしまうんです。

夫は遺伝性の病気で魚鱗癬(ぎょりんせん)なのです。
アトピーではないんですが、若い頃はとにかく猛烈なかゆみとの戦いだったそうです。
ズボンを脱ぐと、皮膚がズボンとともにボロボロこぼれ落ちる毎日だったとか…。
結婚して初めて夫の足前部を見て驚きました。字のとおり肌が魚の鱗のようになっているのです。

そんな超乾燥肌の夫の魚鱗癬ですが、今では鱗がどこにあるのかわからないほどになりました!
そこに行き着くまでには本当に大変でしたが、努力した甲斐がありました。
というのも、産まれてきた子どもがアトピーだったので、ビックリした私は乾燥肌についてあれこれ調べまわりました。
そして行き着いたのが『無添加・保湿・保護』ということ。
それにピッタリなゲルクリームを見つけました。

超乾燥肌は、肌の内部に水分を保つ事ができていませんので、肌を保護するクリームのなかに、水分をかかえこんでくれるヒアルロン酸入りのものを選ぶと良いかと思います。
これでアトピーも夫の超乾燥肌も改善しました。

さらに食べ物にも気を使いました。
身の回りの物と同様に、できるだけ無添加のものを使うようにし、体の負担を減らします。
そして何より粗食…。
現代の高カロリー・高脂質な食事は肌への負担を大きくしますし、血液が汚くなったり、とても健康な肌を作ってくれるとは思えません。
粗食にすることによって、自然と脂肪や糖分の取り過ぎを防ぐ事ができ、お肌にも健康にもとても良い効果があります。

それからもっとも基本的なこと…睡眠!夜は早く寝るようにします。
忙しくてなかなか守れないのですが、夜10時以降がお肌の再生時間なのだそうです。
しっかりと保湿された肌の状態で、しっかり睡眠を取ると、翌朝のお肌はしっかりと答えてくれていることでしょう。
敏感肌でお悩みの方も多いと思います。
克服できるよう、お互いにがんばりましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0