This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌の人の洗顔方法

乾燥肌の人の洗顔方法

年齢を重ねるごとに、朝顔を洗った後、肌に突っ張り感を感じ、『乾燥肌になったのかな?』と思う事があります。
朝の洗顔は、眠たい目を覚ますために行っている人も多いかと思いますが、元々は夜寝ている間に分泌された皮脂などの油分やほこりなどを綺麗に落とせればよいのであって、洗顔料などは必要なく、水でそっと洗ってあげるだけで十分なのだそうです。

洗顔料の多くは、表面の汚れだけでなく肌を構成している脂質まで取り込み、洗い流してしまいます。
それが原因で、肌のターンオーバーに狂いが生じてしまいます。
角質が自然に剥がれ落ちるのを待たずに、洗顔料を使って洗ってしまうと、まだ未熟な状態である角質層が肌の表面に出てきて、むき出しの状態になってしまいます。
これでは乾燥肌が進行してしまうのも仕方ありません。

一時期ブームになった『ピーリング』を、「よくやったよ!」と言う方も多いのではないでしょうか?
めがね拭きで顔をこすると、驚くほど肌がツルツル、スベスベになるというもので、実は私もよくやりました。
しかしこれは、上記の説明から肌にとっては大・大・大迷惑な事だったということがわかります。
肌をどんどん危険な状態へと追い込んでいたんですね…。
肌の表面にあるものを無理にはがしてはいけないんです。

一方、夜の洗顔は、一日の汚れやメイククレンジングをしっかりと落とすためにも、洗顔料を使用した方が良いとされます。
しかし、だらだらと長く洗い続けるのではなくて、できるだけ短時間で済ませるようにするのがポイントです。
そして洗顔をした後にはもちろん、すぐに保湿・保護する事を忘れないようにしてください。
でないと、洗い終わった直後から、皮膚の水分蒸発は始まっていますので、肌はどんどん水分不足になってしまいますよ。


お肌のお手入れの基本は、まず『正しい洗顔』です。

特に乾燥肌の人には、とても大事な事です。

肌がもともと持っている保湿成分や皮脂などは、洗顔料で分解して落とさなくても、水だけですぐに落ちますので、正しい洗顔方法でいつまでも若々しい肌をもてるよう、お互いにがんばりましょうね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0