This page:乾燥肌対策スキンケアガイド > 乾燥肌の子供たち

乾燥肌の子供たち

肌のトラブルのひとつである乾燥肌とは、肌表面の皮脂が少なく、さらに肌内部に水分を保持する成分が体質的に少ない肌の状態のことを言います。
乾燥肌の人は、肌のかさかさ感以外にも様々なトラブルを併発します。
その中でもっとも多く、つらいのがかゆみです。
痒くてかきむしってしまい、それが原因で皮膚の状態が悪化し、更にかゆみが増してしまいます。
そこに細菌が入り込んでしまうと、炎症が起こり、薬を使わないと治らない状態になってしまいます。
もうそれは悪循環…なのです。

乾燥肌でない人からすると
「じゃ、掻かなきゃいいんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、乾燥肌である我が家の夫と子どもたちに聞いてみると
「それは拷問だ」なんですって。
掻いても拷問、掻かなくても拷問、ということなんです。

赤ちゃんは、ちょっと目を離した隙に、かわいらしい顔を引っかいていたりします。
意外と爪が鋭く、引っかいた跡が痛々しく残ってしまいます。
かゆみのない普通肌をもつ赤ちゃんは、そんな事があまりないのでとても羨ましく思います。
我が家の子ども達は三人とも乾燥肌ですので、普段からそんな状態で、赤ちゃんの時にはかゆみを紛らわせる為に優しく手を持って踊ってみたり…など意識をそらせる努力をしていました。

そうやって普段から注意していても、一瞬でものすごく悪化しちゃうのです。
そんな時にはいつも皮膚科に駆け込んで、子ども達のステロイドを処方してもらいます。
うちの子ども達はアトピーもちの乾燥肌なので、気をつけないとステロイドはあっという間に効かなくなってしまいます。
なので使用する際には、しっかり観察をしながら慎重に塗っています。

大変だけど、遺伝性だからしょうがないんですよね。
我が家の子ども達の体質だと割り切って、家族で日々の乾燥肌ケアに励んでいます。
同じ体質の子を育てているお母さん達、大変ではありますが、お互いにスキンケアを頑張りましょうね~。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0