This page:栄養管理や栄養士の仕事について > ペットの手作り食を作ってみよう!

ペットの手作り食を作ってみよう!

ペットといえば、犬を飼っている人って多いですよね。
ちなみにペットの犬の食事を手作りで作ってあげたことはありますか?

犬の健康を考えて普段から作っておられる方もいらっしゃるでしょうし、犬がドックフードを食べないから仕方なく作っているわ…という方もいらっしゃるかもしれませんね。
あるいは、しつけのためには毎日同じ食事を与えたほうがいいということはわかっていても、誕生日や記念日などには特別な食事を作ってあげているという人もいらっしゃるかもしれませんね。

実際に犬の栄養管理を考え、きちんとした食事を与えるには、細かな知識が必要となりますが、犬の手作り食を作る際には、とくにこれといったマニュアルのようなものは無いと思います。

しかし、手作り食を作る際、注意しなければならない点はいくつかあります。
・ネギや玉ねぎ、チョコレートなど中毒を起こすものは与えない
・食塩はもともとの食品に含まれている程度で十分なので、あまり味付けしない
・卵白は栄養の吸収を阻害するので、黄身と一緒に与えるか、または加熱をして与える
以上の点を抑える必要はありますが、犬の大きさなどによって必要な栄養量は異なってきます。

ペットブームが続いている現在、犬の食事に関する情報はたくさんあります。
しかし、獣医やペットの栄養管理士としてきちんとペットの栄養管理について学んだ方の情報ですら、内容が多少異なっていることがあります。
そのため、人間の栄養管理情報と比べると完璧なマニュアルがないなぁというふうに感じてしまうという方もおられることでしょう。

毎日、しっかりと栄養管理した食事を手作りで作ってあげるという場合ならともかく、今日は誕生日だからとか、ドックフードを食べてくれない…というのであれば、マニュアルに左右されるのではなく、鶏ささ身など高たんぱくで低カロリーな食品などを中心に、犬の嗜好にあったものを作ってあげたら良いのではないでしょうか。

犬を含め、ペットの栄養状況については、まだまだ研究の途中であるといえるでしょう。
ですので、わからない点はいろいろと調べた上で、あまりかたくるしく考えずに、自分が納得できる範囲で実践していくことがよいのではないでしょうか。
自分が愛情込めて作ったものを、愛犬が喜んで食べてくれたということは、とてもうれしいことですよね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0