This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 食品交換表

食品交換表

糖尿病と診断された場合、治療の根本となるのは食事療法です。
その原則としては、適正なエネルギー量の管理とバランスの取れた食事です。

糖尿病は、治療によって病状がいったん良くなったとしても、それまでの食生活をまた続けてしまうとすぐに悪化してしまいます。
それ以上悪化しないためにも、食事療法を一生続けることが必要になります。

細かい栄養管理が必要な食事療法になると、患者さん自身がなかなか理解することも、それを定着させることもできません。
また、病院等で渡された献立を一生繰り返し続けるというのでは、我慢できなくなってしまう人も多いと思います。

そこで、細かく難しい食事療法を医師が指導しやすく、また患者さんも理解しやすいものを…と考えられたのが、「糖尿病食品交換表」です。

この食品交換表は、指示された栄養素の構成の中で、患者さんが自分自身の好みに応じて、自由に献立作成できるという利点があります。

食品交換表は、 ・簡単で使いやすい
・さまざまな環境や食習慣の人たちが使うことができる
・外食する際にも役立つ
・正しい食事の原則を理解するのに役立つ
という方針に基づいて作られたものです。

食品交換表の使い方ですが、1単位を80kcalと決めています。
食品は、多く含まれている栄養素ごとに6つのグループに分けられています。
一日の指示エネルギー量に応じて、そのグループから何単位摂取するかが決められます。
同じグループの単位内であれば、自分の好きな食品を選ぶことができ、それが食品交換表の利点といえます。

実際に糖尿病を診断され、食事制限が必要となる方は、病院で管理栄養士などから栄養指導を受けることになると思いますが、その際に、食品交換表の購入を勧められることが多いようです。

最初はなかなかわかりにくく使い勝手が悪いかもしれませんが、何よりも自分の健康のためです。
くじけず、上手に活用できるようになりたいものですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0