This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 生活習慣病を防ごう!

生活習慣病を防ごう!

「生活習慣病」は、一昔前には成人病と呼ばれていました。
名称が変更した理由は、成人だけがなる病気ではなく、日頃の生活習慣がその病気の原因である場合が多いということからだそうです。

では生活習慣病とはどんな病気なのでしょうか?
「食習慣や運動習慣、喫煙、飲酒、休養等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされており、糖尿病や肥満症、高脂血症、高尿酸血症、循環器疾患、大腸癌、高血圧症、肺扁平上皮癌、慢性気管支炎、肺気腫、アルコール性肝障害、骨粗髪症、歯周病などの病気が含まれています。

病気と関連する生活習慣は、食事・運動・喫煙・飲酒・休養など様々なことが含まれますが、特に関係が深いといえるのが食事だと思います。

食事は自分自身で健康維持や増進することができる、もっとも手軽で有効な方法といわれています。 その反面、怠ると病気へとつながっていくものです。
そうならないためにも、日ごろからきちんとした管理が必要となってきます。

どういったことに注意して食生活をおくるとよいのかというと、
1.毎日3食欠かさずとるようにする。
2.主食・主菜・副菜をそろえ、栄養バランスを意識した食事を心がける。
3.栄養素の偏りをなくす為、なるべく多くの種類の食品をとるようにする。
といったことです。

栄養をしっかり管理するとなれば、ハードルはどんどん上がってしまいます。
実際に糖尿病などの病気になってしまうと、医師や管理栄養士の指導の下に、食事制限をしなければならなくなってしまいます。
そうなれば病気や食に関して勉強もしなければなりませんし、急に大変なことになりますが、上記のような程度のことであれば、普段の食生活にも簡単に取り入れていくことができるのではないでしょうか。
正しい生活習慣や食習慣を身につけることが、健康の秘訣だと思います。

最近、小児糖尿病や小児肥満など、子供が生活習慣病になっているという事実があります。
子供は親が管理をしてあげないと自分ひとりではどうすることもできないこともあります。
家族の食生活にも気を配り、家族みんなが健康的に過ごしたいものですよね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0