This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 病院栄養士の仕事とは

病院栄養士の仕事とは

病院に勤務している栄養士の主な仕事というと、栄養指導業務、献立業務、食数管理、衛生管理などです。

栄養指導業務というのは、患者さんに対して実際に、その人の病状や検査結果の数値に応じた栄養アセスメントを作成し、指導をします。

献立業務については、献立の作成や発注といったことが主な仕事となります。
献立作成といっても、病院という場所ですから、一般食以外にエネルギー制限食や減塩食、脂肪制限食、たんぱく制限食、高たんぱく食などの治療食から全粥食や流動食などといった、それぞれ患者さんの食べられる能力に応じた食事を考えなくてはなりません。それは実にたくさんの種類の献立をたてることになります。

実際に病院での栄養士の仕事をこなすとなると、膨大な仕事の量になります。
そこで病院によっては何人もの栄養士をおき、それぞれが専門の仕事を行っているといったところも多いようです。
また最近では、給食受託会社へ委託する病院も増えてきました。
そういったところでは病院側の栄養士は栄養指導を主な仕事とし、受託会社の栄養士は給食管理を主な仕事とするといったような方法をとっているということです。

もしあなたが、病院の栄養士として、患者さんの健康回復のために役立ちたいと考えているのであれば、日々変化する食品事情に加え、病気に関する知識も必要となってきます。

また、NST(栄養サポートチーム)をつくり、活動している病院も増えてきています。
NSTでの管理栄養士の役割は、栄養アセスメントや必要栄養量の算出、経腸栄養剤、補助食品の提案、栄養指導などがあげられます。

NSTに代表されるように、食生活の多様化によって、以前と比べると、栄養士に求められるものがより高度になってきているように思います。
あなたが今後、栄養士としてやっていくとすれば、それに負けないよう、日々の努力を惜しまず努力することが大切だと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0