This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 福祉施設における栄養士の仕事とは

福祉施設における栄養士の仕事とは

福祉施設は大きく分けて「児童福祉施設」と「社会福祉施設」の二つがあります。

「児童福祉施設」は児童福祉施設児童が対象となる施設で、乳児院、保育園、児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設、児童自立支援施設のことを指しています。

「社会福祉施設」とは成人が対象となる施設で、老人福祉施設、身体障害者援護施設のことを指しています。
高齢化社会が急速に進んでいる日本において、社会福祉施設での栄養士の需要はさらに高くなっていくのではないでしょうか。

社会福祉施設における栄養士の仕事は、おもに献立の作成、食材の発注といった事から、調理員に対して栄養に関する知識の向上につながる指導や給食施設での衛生管理、さらには個々の利用者の状態に応じた献立作成や栄養指導などといった多くの内容となっています。

社会福祉施設の場合、利用者のほとんどが高齢者ですので、人それぞれ様々な疾患を抱えていることが多いといえます。
また、中には食事を取るという能力自体が衰えてきているという人もいらっしゃると思います。
そのため食事の種類も、エネルギー制限食や減塩食、たんぱく制限食、高たんぱく食、脂肪制限食といった治療食から、きざみ食、流動食といった人それぞれの食べる能力に合わせた食事まで、多くの献立を立てる必要があります。

さらに高齢者を対象とした福祉施設においては、栄養管理に関することはもちろん、高齢者が食事を楽しめるということに重点を置くことが大切になってきます。それらの兼ね合いが難しいと言われています。

また、健康増進法では、「特定給食施設であって、特別の栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるところにより都道府県知事が指定する施設」の設置者は、当該特定給食施設に管理栄養士を置かなければならないということを定めています。こういったように栄養士よりも、管理栄養士が求められる職場でもあるようです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0