This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 目的にあった学校選びをしましょう

目的にあった学校選びをしましょう

将来、栄養士になろうと思った場合…、栄養士になるためには、栄養士の免許を取らなければなりません。
しかし、栄養士の免許というものは、独学で取得することはできません。
高校を卒業した後、国が指定した栄養士の養成施設を卒業することが必要になります。

その栄養士の養成施設は全国にたくさんありますので、栄養士になろうと思った方は、そのたくさんある施設(学校)の中から、自分にあった所を探し、選ぶことになります。

しかし、たくさんある栄養士養成施設の中から自分にあった施設を選ぶというのは、意外と大変なことですよね。そこで大切なのは、まず目的です。

どういうことかと言いますと、とにかく、一日も早く栄養士として働きたい!と考える場合と、しっかり勉強して、管理栄養士の資格を取得することを優先する…という場合でしたら、進むべき学校が違ってくるということです。

前者のとにかく栄養士となりたい!という場合には、2年制(3年制)の短期大学や専門学校、あるいは4年制の大学を選択することになります。
この場合は、これらの学校を卒業し、所定の課程を修了すれば自動的に栄養士の免許を取得することができます。

後者の管理栄養士になりたい!という場合であれば、4年制大学、もしくは4年制の専門学校の管理栄養士課程を選択することになります。
そして、これらの学校を卒業すると同時に、管理栄養士国家試験受験資格を得て、管理栄養士国家試験に合格すれば、管理栄養士になることができます。

管理栄養士になるためには上記の方法のほかに、栄養士の資格を取得した後、各栄養士養成施設の修業年限によって設けられた一定期間の実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格を得るという方法もあります。
しかし、この方法は、実際に普段栄養士として働きながら、管理栄養士国家試験の勉強をするということになります。これはかなり大変なことのようで、合格率は管理栄養士養成施設を卒業した場合よりも低くなっているというのが現状です。

どちらの方向に進むか決めた後は、いよいよ施設や大学選びです。
最近では、それぞれの大学や施設(専門学校)がホームページをもっており、様々な情報を提供してくれていますので、それを活用しましょう。気にっている点などいろいろと調べ、自分にあった学校を探し出してください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0