This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 褥瘡(じょくそう)の予防

褥瘡(じょくそう)の予防

褥瘡(じょくそう)とは一般的に床ずれとも言われています。
介護を必要としている人が多い中、この褥瘡は介護を困難とする大きな要因となっており問題視されています。

そもそも褥瘡というのは血行障害によって引き起こります。

健康な人はどんなに熟睡していても、自分の体重で皮膚の血流が途絶えかけたら、無意識に寝返りをうつので、血行障害を起こすことはありません。

しかし、皮膚の知覚障害や麻痺など身体を自由に動かすことができない人が、長時間(2時間以上)同じ体勢でいると、血流が途絶えた状態になり、皮膚が壊されてしまいます。これが原因なのです。


褥瘡の症状としては、まず圧迫された部分が赤くなってはれてきます。その後その部分が水ぶくれやびらんになり、やがては潰瘍や乾性壊死などになってしまいます。

壊死が筋肉や腱、骨にまで及んでしまうと、これらが露出してしまうことがあります。

褥瘡はできてしまうと処置が大変ですので、予防することに越したことはありません。
予防的な介護を行うことがもっとも重要になってきます。

褥瘡の予防方法についてですが、最も基本的な対策としては原因である皮膚の圧迫を避けることです。
体位の交換は2時間を目安に行います。スポンジパットやエアマットなど除圧用具を使用したりするのも良いでしょう。

それに加え、衛生管理も必要になります。皮膚を清潔にし、乾燥した状態を保つことが大切です。
布ずれも十分な注意が必要です。

最後になりましたが、褥瘡の予防には栄養管理も大切です。
栄養状態が良くないと、やせてしまったり、組織の耐久性が低下し免疫力が下がってしまいます。
そうならないためにも十分なエネルギーやたんぱく質、ビタミン、微量元素などを補給し、基礎体力を向上させ、褥瘡を未然に防いでいきたいものですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0