This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 「スポーツ栄養士」とは

「スポーツ栄養士」とは

「スポーツ栄養士」という特別な資格があるわけではなく、スポーツの現場において栄養サポートを行う管理栄養士や栄養士のことをスポーツ栄養士と呼びます。

多くの一流アスリートは、たくさんのサポートスタッフの協力を得ながら、日々トレーニングを行っています。
栄養面でのサポートももちろん重要であり、プロ野球選手やプロサッカー選手、陸上選手、競輪選手など、専門のスタッフがついている場合も少なくありません。

スポーツ栄養士の仕事にもいろいろとありますが、主な仕事内容としては、やはり選手の栄養管理です。
選手の生活スタイルやコンディションを把握した上で、最適な献立を提供したり、選手や指導者に栄養面でのアドバイスをしています。

一流のアスリートと直接触れ合える仕事ですから、憧れる人も少なくありません。
しかし、実際にスポーツ栄養士になれるのは、狭き門のようです。

近年、スポーツの現場でも栄養に関する専門家は重要視されており、必要とされています。
しかし、明確な「スポーツ栄養士」としての資格があるわけではないので、本人の資質に問われる部分がたいへん大きいと思われます。

もしスポーツ栄養士を目指すのであれば、栄養士の資格だけでなく、管理栄養士の資格を取得し、何を問われても自信を持って返答できるくらいの知識を身につける必要があると思います。

最近では、スポーツ栄養士を目指す人のための講習会なども開かれているようです。
そういった場を積極的に利用し、自身の知識をより蓄えていくことが、近道だと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0