This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 動物(ペット)に関わる資格も実に多様になりました

動物(ペット)に関わる資格も実に多様になりました

ペットブームが訪れてからというもの、ペット産業はものすごい勢いで発展し続けています。
それと同時に、動物に関する資格も実に多様になりました。

獣医師などといった一般の人にはなかなか難しい資格ばかりでなく、トリマーや動物看護士、家庭動物販売士、愛玩動物飼養管理士、ペット栄養管理士、認定ペットシッター、ペット温灸士、ドッグライフアドバイザー、ドッグライフカウンセラー、ペットアロマセラピストなど、ペットの生態系や栄養管理、あるいは病気に関することなど、実に多岐に渡ったさまざまな資格があります。

獣医師を除いて、ほとんどが民間の資格になるので、ペットに携わる仕事をする上で、必ずしも必要というわけではありません。
しかし、講習を受け、試験に合格しなければ取得できない資格もたくさんありますので、資格を持っていると持っていないのでは、知識は比べものにならないと思います。


家族の一員であるペットを、健康的に長生きさせたいと思う気持ちは、飼い主なら当然のことだと思います。

そのためには病気や栄養管理に関して、ペット産業に関わった仕事をしていなくても、知識を持っていたいものですよね。

費用は多少かかりますが、これらの資格を取得しようとするのであれば、家庭でも専門的に勉強することができます。

資料については、本も出版されていますし、インターネット上にもたくさんあります。
資格に関する情報、たとえば勉強する内容や受験方法、費用、取得にかかる時間など、くわしい解説が載っているサイトも数多くありますので、興味がある方は一度、調べてみてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0