This page:栄養管理や栄養士の仕事について > ペット栄養管理士の資格を取得するためには?

ペット栄養管理士の資格を取得するためには?

ペットの人気はまだまだ衰えることがありません。
最近では、ペットに関する資格がたくさん増えてきました。

ペットに関する資格というと獣医師の国家資格が一番に思い浮かびますが、それ以外にも、トリマーや家庭犬トレーニングインストラクター、ペット販売士、ペット栄養管理士、ペット繁殖指導員、小動物看護士など、目的に応じて様々な資格があります。

その中の一つ、「ペット栄養管理士」という資格は、その名のとおり、ペットの栄養に関する知識の普及と指導に必要な人材を育成し、ペットの健康向上を図り、もって動物の愛度に寄与するという目的で、2002年5月に設けられました。

ペット栄養管理士の資格を取得するためには、ペット栄養管理士認定試験に合格しなければなりません。 そして日本ペット栄養学会の会員となり、管理士名簿に登録することが必要となります。

ペット栄養管理士認定試験を受験するにあたっては、受験資格が必要となります。
その受験資格とは、
1)ペット栄養士管理士養成講習会において、すべての教程を終了した者。
2)大学において、獣医学・畜産学(応用動物学・資源動物学・動物生産学・応用生物科学・応用生命科学・生物機能科学・生物資源科学等)・農芸化学のうちいずれかの過程を修めた者。
3)前各号と同等、もしくはそれ以上の資格を有すると認定された者。
となっています。

上記にペット栄養士養成講習会とありますが、そこでは主に、
・ペットフード総論
・ペット基礎栄養学
・ペット臨床栄養学(衛生学)
といったことを学びます。
開催場所は、現在、東京のみとなっています。
この講習会にはペットを取り扱う業者の方やトリマーの方、また大切な家族の一員であるペットの健康を守りたいと一般の方も参加されているようです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0