This page:栄養管理や栄養士の仕事について > メタボリックシンドロームと生活習慣は密接に関係

メタボリックシンドロームと生活習慣は密接に関係

生活習慣病とよばれる肥満症や高血圧、高脂血症などの病気は、それぞれが別の病気ではありますが、その原因は内臓に脂肪が蓄積した肥満であるということが近年になってわかってきました。

メタボリックシンドロームとはこのような内臓脂肪型肥満になることよって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態のことをいいます。

メタボリックシンドロームは生活習慣が密接に関係しています。
ということは生活習慣が乱れると誰にでも起こりえることだと言えます。
しかしこれは裏返してみると、ちょっとしたことをきっかけに改善しやすいということでもあります。

メタボリックシンドロームで一番重要であるのは内臓脂肪を減らすことです。
そのためにはバランスの取れた食事をとることや適度な運動をするなど、今までの生活習慣を改善し、管理していくことが必要になります。

バランスの取れた食事とは、高カロリーの食品を避け、肉や揚げ物より魚を中心とした献立にし、野菜や豆類、海藻類をなるべく摂取するようにします。
味付けは塩分を控えめに。お酒の量はなるべく減らすように心がけていきましょう。
それほど難しいことではないと思います。
しかし、油断していると病気は進行してしまいます。
そうなるともっと厳しい栄養管理が必要になってきます。
「もっと詳しく栄養管理のことを知りたい」とか、「今の自分の現状はどうなのか知りたい」といったような細かな内容については、病院へ行った際に、医師や管理栄養士に相談してみてはいかがでしょうか。

次に適度な運動についてですが、無理をしてジムに通ったりしても、長続きしないものです。
それより、いつもより少し早く家を出て一駅長く歩くとか、電車やバスで座らないなど身近なことからはじめ、それを続けていくことが大切だと思います。

栄養バランスの取れた食事と適度な運動を日常生活に取り入れていくだけで、内臓脂肪は減っていきます。
生活習慣に密着している病気だからこそ、その生活習慣を見直し、もとの健康な身体を取り戻しましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0