This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 愛犬の食事について考える

愛犬の食事について考える

みなさん、愛犬の食事にはどんなものを与えていますか。

一昔前なら、飼っている犬のご飯なんて、その日の残り物やご飯にお味噌汁をかけたものを与えている方がほとんどだったのではないでしょうか。

しかし犬にしてみれば、人間向けの食事は塩分が多すぎますし、味噌汁も、もしネギが入っていたら中毒の原因になってしまいます。
今は犬に関しての情報もたくさんありますし、そのような食事を与えていらっしゃる方は少ないでしょう。

中には愛犬の栄養管理を真剣に考え、食事を取らせているという方もいらっしゃるかと思います。
しかし真剣に検討していくと、その種類の多さに悩んでしまった…ということはありませんか。

ドックフードも実に多くの種類があります。
成長段階にあわせたものばかりでなく、健康面で気になる部分を改善させるためのものや、犬の嗜好にあわせて選べるようになっていたりします。
ホームセンターに行くと、棚を埋め尽くすドックフードの種類に、どれを選んでいいか迷んでいる人たちを良く見かけます。ほんとにたくさんの種類があるので悩みますよね。

また、ドックフードが嫌いな犬もいます。
そういった場合は手作り食をしなければなりません。

ところで皆さんは、何を基準にドックフードを選んでいらっしゃいますか?

いつもどれにしようか悩まれている方は、犬専門の雑誌も犬種別に出版されていますし、インターネット上にもたくさんの情報がでていますので参考になさってください。

また、本やインターネットという媒体だけでなく、犬のための食事セミナーといったものなど、各地でいろんなイベントが開かれているようです。
セミナーは主催する方によっては、栄養管理のことだけでなく、しつけなどについてサポートしてくれるセミナーなど、いろんな種類があります。

最近では「ペット栄養管理士」という資格も出てきたそうです。
この資格試験にはペット事業に従事する人ばかりでなく、一般の方も多く受験されているようです。

家族として迎え入れた愛犬には、健康で長生きしてもらいたいものですよね。
そのためにはたくさんの情報の中から、愛犬にあったものを選び出し、どんどん活用していきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0