This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 栄養士になるには

栄養士になるには

栄養士とは、食について専門的な知識を持ち、大人から子供まで人々の健康維持をサポートをする職業です。
栄養士の仕事には大きく分けて「給食管理」と「栄養指導」の二つがあります。

もし栄養士になろうと思った場合には、栄養士の免許が必要になります。
しかし栄養士の免許というのは、独学で取得することはできません。
そのためには高校を卒業した後に、国が指定した養成施設を卒業することが必要になります。

栄養士になるためのカリキュラムですが、それは非常に大変なものです。
短期大学で資格を取得しようとした場合、必修科目が非常に多いので、大学にありがちな講義と講義の間の空き時間というものはほとんどありません。
また、長期休暇時もほとんどが実習のためにつぶれてしまうそうです。
そのため、社会人から栄養士になろうと志す人は、養成施設に夜間通えるものも通信教育制度もありませんので、勤め先を辞めて養成施設に入ることが必要となります。

養成施設は2年制(または3年制)の短期大学や専門学校、または4年制の大学となります。
これらの学校を卒業し、所定の課程を修了すれば自動的に栄養士免許を取得することができます。

しかし近年、栄養士の資格を取得しても、実際に栄養士として就職し、働ける人は半数以下となってきています。
それはなぜかと言いますと、管理栄養士を求めているところが増えたということが原因のようです。

では、栄養士養成施設を卒業した後に、管理栄養士の資格を取得しようとした場合には、まず受験資格を得るために所定の期間、実務経験を積むか、管理栄養士養成施設へ編入をするといった方法をとらなければなりません。

食のスペシャリストとして、たいへんやりがいがある仕事ではありますが、実際に栄養士として働こうと思うと、かなりの時間や労力が必要となるようです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0