This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 栄養士の仕事内容

栄養士の仕事内容

栄養士や管理栄養士の就職先は主にどんなところがあるでしょう。

病院や学校、産業給食施設、健康保険組合、福祉施設、保健所や保健センター、そして教育機関や研究機関など、いろいろな場所で、食に関する専門家として必要とされています。

栄養士というと、献立の作成が主な仕事だと思われている方が多いのではないでしょうか。
しかし、給食業務のない現場でも栄養士や管理栄養士は必要とされています。

例えば、保健所や保健センターに勤める栄養士は、都道府県や市町村単位で、保健・福祉・医療を一体化し、地域に住んでいる住民への保健サービスを展開する仕事をしています。

具体的には、地域の人々の健康に関する問題点を調べ、「健康日本21」を軸により望ましいケアプランを作成し、実践にむけて支援や評価をするというような内容になりますので、プランナーやコーディネイターとしての立場で仕事をすることが多いようです。


上記のほかに、食品メーカーなどで働く栄養士や管理栄養士もいます。

栄養士は食に関する専門家ですので、食品に関連するあらゆる業界で広範囲な仕事をすることができます。
食品メーカーはもとより、調理器具のメーカーや製薬会社、食品生産者、加工業の団体、デパートやスーパー、外食産業に至るまで、新商品や新メニューの開発、顧客を対象にした栄養相談や指導、食品衛生のインストラクターとしてなど、あらゆる場所で活躍しています。

また、大学や研究機関、企業の研究室でも、調査や実験、品質管理、商品開発など多くの栄養士、管理栄養士が活躍しています。

一口に栄養士といってもその仕事は、実に多岐に渡っていますので、就職する際には自分がどういった仕事に関わっていきたいのかじっくり考えてみてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0